事例研究発表会

 

発表する側も聞く側も気持ちが引き締まります。

先日、介護福祉専攻科・社会福祉学科の

学生が研究発表を行いました69

卒業前に、自分たちの研究を通じて得た知識・技量を

在校生の前で発表する毎年恒例の晴れ舞台です257

 

これから発表する学生です 

  今年のテーマは「今、大切なこと」 

~私たちが創造する未来~ です。

介護福祉専攻科では、実習期間中に

利用者に応じた「個別介護計画」の

立案をしていきます。

介護は奥が深い! 

ひとつ例をあげてみます284

ある学生が個別介護計画の中で

ある認知症の利用者の方の具体的目標として

 

「手や指を使うことで脳に刺激を与え、残存機能を

活かしながら自分の意思表示をする」

 

そしてまずは折り紙で製作をすることで

達成感や、喜びを得ることを考えました。

 

実際に始めてみると、利用者の方は折り紙

があまり好きではなくいくら実習生が勧めても

興味を持つことはありませんでした。

なぜでしょう?

 

実習生とのコミュニケーションがまだ

出来上がってなかったからなのです259 

しかし、実習生は職員の方からの意見を聞き

読書が好きだから折り紙の本から興味を持って

もらおうと考えました446

 

徐々にですが、折り紙の本は集中して読み、

「一緒に作ってみましょう!」との声掛けにも

変化が見られるようになってきました2

 

別の声掛けとして、

「少しだけ折り紙をやってみましょう」

「手伝っていただけますか?」

などいろいろな方法を実践できました454

 

結果、実習生には心を開くようになり、

利用者の方にとって居心地のよい空間と

なりました460

 社会福祉学科の発表です

実際に実習を体験してきたすべての学生は

一人ひとり輝いています491

時には失敗も447あったでしょうが

自分自身のステップアップに

しています454

残す行事は卒業式!

私たちもみんなの卒業を心から

お祝いしています460

 

 

 

プロフィール

群馬社会福祉専門学校

Author:群馬社会福祉専門学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード